書を深める。

五の書き方 無限未来 守谷・つくば書道教室

一から十までの漢数字の筆法を覚えると、全ての漢字に応用できます。

 

五の書き方

起筆において、穂先を点画の外に出すようにして入筆する露鋒の線で入ります。 うわぞりで短く送筆。

 

中心から斜めに向かって送筆

 

次の線への筆脈を感じながら、縦の線の中心より横に送筆。

 

転折部分を斜めにして一番太い線で斜めに送筆

 

 

最後は納めの一の線です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最近のコメント