書を深める。

卵が先か?鶏が先か?書道教室開講のすすめ

「もっと上手になってから〇〇したい」
という人がよくおりますが、
初めから上手な人はいないですよ。

落語の世界(江戸、東京落語)にも身分制度がありまして、見習い、前座、二つ目、真打と、入門したあと、前座名を師匠からもらい、ペーペーから一人前とみなされるまでは大変なものです。

師匠について、多くを学んで腕を磨く。それが書の世界では延々と続く地獄となる。
書道教室の先生になる一番簡単な方法は、どこかの教室(団体)で勉強して教師や師範の資格を取ること。
長い時間かけて段級を取り、様々な展覧会で賞を取り、理事となり、はじめて看板がもらえる所もある。そう、なかなか出世できないんです。だから、先生が育たない。

勿論技術ありきですから、いたしかたない事ではありますが、もっと町に書道の先生がいてもいいと思うんです。
だって、子供も大人も文字を書くことに関して大変困っているのですから。

書道教室は今すぐ始められる

実は書道教室の先生になるのに資格はいりません。
将来自分の家で独立して先生で塾を開きたく思うなら、教える能力さえ有れば 何もなくても塾の看板はだせます。

素人同然で、小さなお子さんがいて、お金もあまりない。だけど書道教室の先生になりたい。
そんな甘い考えは無理だと大バッシングを受けた方を見ましたが、私はこんな方を応援したい。

HPを新しく作るにあたって、興味のある方に書道教室の先生になりませんか?とお誘いしてみました。
そしたらその方は「もしやってみる事が出来るなら挑戦したいけど、でも………」と、迷っていう様子。躊躇する理由は何なのかを伺い、それについて解答をさせて頂きました。

忙しいから

人間はお互いに仕事をして、助け合いながら生きています。だから、忙しくなくなったって時は「もう体が動かなくて仕事が出来なくなった」時です。そこから始める方がむしろ大変ですよ。忙しいってことは、忙しくても働ける気力と体力があるって証拠!チャンスです!

お金がかかるから

いきなり大きな額が出ていくと思われていませんか?最初は必要最小限の出費で始めることだって出来ますし、まずは相談して下さい!

 

 

無限未来の指導方法は、硬筆、毛筆共に、小学生が書く文字も大人が書く文字も、スタートは同じことをやりますので、
あまり気負わずに「誰かに指導しながら、自分も学ぶ」ということから始めてもらいたいなーと思うのです。

だって日常で使う字が全てのベースですから。書アートでござい、と適当にニョロニョロした字を書いても皆ドン引きでしょう。

とにかく、習字も、書道もアート書道も、やりながら覚える部分がほとんどです。ある程度勉強したからといって、さあ、今日から書塾の先生です、って、偉い顔して出来ますか?

自分の技術も一朝一夕ではいかないわけです。書の技術を得るには物凄く時間がかかります。
終わりがないですから。

 

師と弟子で一緒に成長していく書道教室

ですから、師匠と一緒に成長していけばいいんです。
少なからず、どこの世界にも偉そうにする師匠が多いので、なかなかそれが成り立たない。

私は折角物凄い先生について、長い時間とお金をかけて教えてもらった特別な技術を、出し惜しみせずに余すことなく全部伝えたいし、やる気のある方に是非お教えしたい。

近頃、SNSで私が切磋琢磨している姿を見て、他の書家さん、またはこれから書を教え始めたいと思っている方から、専門的な部分の質問が増えてきました。

お若い美人書家さんのプロデュースも始めることになり、本気でやりたい気持ちのある方には、とにかく全身全霊を注いで応援したいと思っています!

そして興味がある方はチャンスです。見逃しはもったいないです!攻めの姿勢で挑戦してみてください。自分が輝けるポジティブイメージの姿を想像してください!

毛筆、硬筆問わず、書くことに関わる事、書に関するお仕事、何でもお教えします!

書道教室の先生、書アーティスト、募集しています。
まずは小学生の指導から。
やってみませんか?

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最近のコメント