書を深める。

審査会に向けて全力の作品作り〜気魄と技術を織り交ぜる〜

今回の審査で臨んだのは、泰山金剛経、黄庭堅、傅山の倣書。

写真は選んだモチーフ4文字中の一文字『地』読めないよね〜😅

草書で臨む事が決まり、後は書き込むだけで一安心。だが、人を魅了させる作品を作るには気魄だけではどうにもならない。

もう1つの書展の締め切りが11月。
急いで取り掛からないと!

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最近のコメント